Google Maps APIによるマップアプリの作成

category01

企業や個人開発者が地図情報を使ったオンラインサービスを展開しようと考えた時に、一から地図情報を集めて、それを各プログラミング言語向けのライブラリとして纏めてからアプリを開発していくのでは手間と時間が掛かります。そこで、一般的に効率的に新しいオンラインサービスを開発する時には、既に完成されたライブラリを使うのが一般的です。GoogleMapsAPIは、GoogleMapsを構築している機能・地図情報をAPIとして提供しています。

GoogleMapsAPIforWorkを情報を幅広くご活用下さい。

無料版と有料版が提供されていますが、その違いは有料版の方が表示出来る地図情報のページ数や容量が遥かに大きく、地図画像も高画質な物になっています。

今、注目のYahoo!知恵袋の特徴をご紹介するサイトです。

また、ライセンス面でも無料版は商業利用をしない事が利用条件になっており、企業がオンラインサービスで活用したい場合には有料版を使う必要があります。

GoogleMapsAPIは、JavaScriptなどのWeb開発でよく使われるプログラミング言語で使用する事が出来ます。



その為、Web開発に慣れている人にとっては地図情報をアプリケーションに導入しやすくなっており、GoogleMapsAPIを最大限に利用する事で高機能なマップアプリを作る事が可能になります。

GoogleMapsAPIを使ってマップアプリケーションを作成するメリットは、このライブラリが持っている機能を手軽に導入出来る事です。ストリートビューやルート表示などを組み込んでいく事で、開発会社や開発者が一から必要な機能を作らなくても良いのです。

おすすめ情報

category02

「GoogleMapsAPI」という文字を見かけることは多いですが、実際のところはどのような意味かわからない人も少なくありません。おそらく多くの人は「GoogleMaps」まではわかるはずです。...

subpage

関連情報

category02

GoogleMapsAPIを利用すれば誰でも無料でホームページに地図を表示できます。Google社がこの技術を公開する前は法人に限らず一般ユーザーでも有料地図サービスを利用する必要がありました。...

subpage

身になる知識

category03

ホームページに地図を表示する場合には、これまで有料サービスを利用する必要がありました。有料サービスは様々な機能を付加した詳細な地図を利用できるので便利ですが、1か月の利用料金が数十万円になるため個人で導入するのは困難です。...

subpage

社会をよく学ぶ

category04

GoogleMapsAPIはホームページに地図を表示するサービスです。利用するためにはAPIキーを取得する必要があります。...

subpage