GoogleMapsAPIの使い方

GoogleMapsAPIはホームページに地図を表示するサービスです。

利用するためにはAPIキーを取得する必要があります。ホームページを作成する際にはGoogleMapsAPIを利用して誰でも無料で地図を表示させることができます。

提供される地図は日本国内だけではなく世界中が対象となります。具体的な使い方としてはキーを取得した後でHTMLを使用しdiv要素で表示する場所を指定します。div要素にはidタグを付けてCSSでデザインを任意に変更することができます。


div要素で指定した場所にJavaScriptを使用して表示することになります。
GoogleMapsAPIはJavaScriptが使用されます。


そのためサーバー側でCGIやPHP、ASPなどのプログラミングは一切不要です。
無料ホームページスペースでも利用することができます。
APIとはアプリケーションプログラミングインタフェースのことです。

GoogleMapsAPIforWorkの情報はココで集まります。

ソフトウェアの機能を外部の人々と共有する機能を持ちます。

goo ニュースならお任せください。

GoogleMapsと関連したアプリケーションプログラミングインタフェースが一般的に公開されており、それらを使用した有料プランも存在します。
一般的なユーザーがホームページを作成する場合には、無料プランのみでも十分な機能があります。



プログラミングに詳しいユーザーならば指定座標の地図表示や独自の画像を使ったマーカーの使用、任意の線を描くなど様々なことが可能です。


データベースと組み合わせれば、独自の地図情報アプリケーションを作成することもできます。