GoogleMapsAPIを利用する意味

「GoogleMapsAPI」という文字を見かけることは多いですが、実際のところはどのような意味かわからない人も少なくありません。
おそらく多くの人は「GoogleMaps」まではわかるはずです。

建物を探したりカーナビの代わりに使った経験のある人はたくさんいるはずです。

つまり「GoogleMaps」とはgoogle社が開発したウェブ上の地図のことです。

問題は次の「API」ですが、これを正式に日本語で書きますと「アプリケーション・プログラム・インターフェース」となります。これだけだとやはり意味が今一つです。

真剣にGoogleMapsAPIforWorkについて真剣に考えてみました。

それぞれの頭文字をとって「API」は想像できますが、具体的な意味を想像することは難しいと感じる人が大半です。

それでも「アプリケーション」と「プログラム」はなんとか理解できないこともありません。
しかし「インターフェース」はさっぱりの人が多いはずです。

Yahoo!ニュースに関する情報を公開しているサイトです。

なんとなくおぼろげながら「理解できそうでできない」ように感じてしまうからです。

「インター」と「フェース」に分けますとイメージはつかめるかもしれません。結論を言いますと、「インターフェース」とは人間とコンピューターの橋渡しをしてくれるものです。



具体的にはマウスやキーボードなどです。


この例えは理解しやすいはずです。


さらに「API」をわかりやすく説明しますと、「グーグルマップ」の機能をそのまま利用できることです。


説明だけですと短いですが、グーグルマップを自分のサイトで使えるのですから、膨大な開発期間が短縮できたことになります。